エネルギーと自然環境

 

便利な化石燃料で恵まれていたこの100年間の文明にも反省の時期がやってきました。二酸化炭素(CO2)の弊害、ダイオキシン、内分泌かく乱化学物質(環境ホルモン)など100年前には存在していなかった問題が今や地球環境を破壊しつつあり、人体への影響も現れ始めております。そして今や人類は文明の便利さの対面にカウンターウエイトとなる重大な環境問題をのせなくてはならない時に直面しております。私たちは資金や頭脳、労力をついやしても、替わるべき新エネルギーの実用化、普及化に努めるべき時に来ていることを自覚しなければなりません。

 

地球環境の健全化のため、化石燃料に大きく依存する生活、経済のあり方を変えて行かなければなりません。そしてその有力な新エネルギー源として、バイオマスが注目されております。バイオマス資源は森林地帯や農村地帯で毎年繰り返し再生、増殖しておりますが、未だその殆どが利用されずに眠っております。バイオマスのエネルギーへの活用は容易ではありませんが、その糸口となるものが、以下に紹介するバイオマス利用スターリングエンジンST-5であると確信しております。