スターリングエンジンST-5の仕様概要

 

スターリングエンジンST-5は改善の余地が多々ありますが、2006年8月現在唯一日本で生産できる実用エンジンです。その仕様概要を下記に記します。

1.仕様概要

 

項目

内容

1

エンジン形式

外部燃焼式 スターリングサイクル

2

エンジン軸出力

5馬力 at 650rpm  (発電:AC100V maxKW*1)

3

使用燃料

木材、おがくず、籾殻、とうもろこしの穂軸

干草、その他農業生産物、(天然ガス、プロパンガス、灯油)

4

消費燃料

38kwの熱(木質の場合、約10kg/時間)

5

熱効率

燃焼炉、燃料に依存   7〜15%

6

潤滑

ドライベアリングを用い、潤滑油は使用する必要がない

7

動作気体

空気

8

動作時圧力

0.5MPa(5bar) 自己昇圧式

9

ヒーターヘッド温度

650

10

寿命(予測)

10,000時間以上

11

オーバーボール時期

2,000時間毎にベアリング、シール部をチェック。必要に応じ交換。

12

点検個所

定期的にヘッドのフィン部分の灰を清掃 エアフィルターの清掃

13

エンジン本体の寸法

1,245×406×406mm(49“×16”×16“)

14

エンジン本体重量

200kg

15

コージェネ対応(オプション)

温水、熱風

*1:電圧安定化はオプション仕様

.スターター仕様(参考)

 

項目

内容

1

公称電圧

DC12V

2

公称出力

2.0KW

3

定格

30sec

4

設置極性

ボディーアース

5

重量

5kg

6

ピニオン歯数

9

3外形寸法図